丸ノ内サディスティック単独配信開始

花晴れも少しずつシリアス(?)な展開になってきていよいよ『初恋』の歌詞とよく符合するようになってきた…って昨夜のは寧ろ、歌を受け取って歌詞を吟味した上で編集したようにすらみえた。いつもより歌詞がよく響いてきたし、ある程度は狙っていたのでは。勿論原作にああいう場面があって、それに基づいて撮影されているのだから編集の時点で出来る事は限られているだろうけどそれでも『初恋』が丁重に扱われているのは嬉しい。ドラマの展開としては、主題歌の前向きな曲調に合った落としどころを探りそうなだけに、"イメージソング"という儚い立ち位置で引き受けたのは正解だったかな、と。まぁ『Flavor Of Life』という実績と経験があったればこそですが。

そうこうしているうちに『初恋』の発売まで一週間を切った訳で、となると再来週以降ドラマをちゃんとみるかどうかとなるのだが、改めて歌詞を確認した上で劇中で『初恋』がどう使われているかを確認するのもまたよさげ。ピアノバージョンなども再度流れるかもしれないし、そこはチェックして損はないか。ただ、1時間超え枠の実写ドラマというのはかくも長いものなのか…。


一方昨日・今日未明に「丸ノ内サディスティック」By宇多田ヒカル小袋成彬の配信がスタートした。ここが面倒なところで、椎名林檎トリビュート・アルバム「アダムとイヴの林檎」の発売に合わせたもので…完全に余談だが最初「アダムとイ"ブ"の林檎」で検索したらひっかからなかったよ。Google先生並みになれとは言わないが、この表記の揺れで配信買うの諦める人が居たら結構な機会損失だよねぇ。あと、林檎姐は「イヴとアダムの林檎」ってタイトルにする気はなかったのかな。それはさておき。

話を戻すと。トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」は、まずCDで発売されていて、配信でもダウンロード販売されている。しかし、『宇多田ヒカルのうた』同様、アルバム収録曲の単品購入には制限がかかっており、約半数の楽曲が単品購入できない("アルバムのみ"ってヤツだね)。しかし、ヒカルとなりくんの「丸ノ内サディスティック」はアルバム「アダムとイブの林檎」とは別に、シングル「丸ノ内サディスティック」の(たった一曲の)収録曲として購入できる。アルバム内単品購入はできないが、それとは別にシングル曲として売られているという話。『宇多田ヒカルのうた』でいう浜崎あゆみの「Movin'on without you」と同じ立ち位置だ。

あーややこし。

で。そのシングル曲「丸ノ内サディスティック」がアルバム収録曲とは別バージョンだそうな。マスタリングが違うらしい。そんな事してきたか。ちょっと考えてなかったな。

なぜこんな事をしたかとかどういう効果や影響があるのかという話は長くなったのでまた次回。