無意識日記々

mirroring of http://blog.goo.ne.jp/unconsciousnessdiary

ツアー妄想が止まりません。

本日は椎名林檎のお誕生日。そんな彼女の全国ツアーが発表になったんだって。

》》2023年は、椎名林檎にとってデビュー25周年。加えて、椎名の生誕45年でもあります。そんな記念の年に、5年ぶりとなるソロ名義の全国ツアーを実施いたします。ツアータイトルは「椎名林檎と彼奴等と知る諸行無常」です。《《

https://www.kronekodow.com/gaiko/ringo_tour2023/

…だそうな。ワタクシ大して林檎姐のファンでもないのになんでわざわざこんなオフィシャルの一文を引っ張ってきたかと申しますと! これ、ヒカルさんの誕生日(2023年1月19日木曜日)にも殆ど同じ文章がオフィシャルに掲載される可能性があるのではないかと! こんな風に!

》》2023年は、宇多田ヒカルにとってデビュー25周年。加えて、宇多田の生誕40年でもあります。そんな記念の年に、5年ぶりとなるソロ名義の全国ツアーを実施いたします。ツアータイトルは「宇多田ヒカルとクマ等と知る苦尽甘来」です。《《

ほら! ツアータイトルは適当だけど(笑)ほとんど一緒の発表が再来月にあると思いませんかっ!? 5年ぶりまで一緒なんだねぇ。 …それが言いたかったが故に椎名林檎オフィシャルから一文拝借したのでしたとさ。誕生日にツアー発表、あると思います。デビュー記念日でもいいけどさ、どちらかといえばアナログでアカペラ聴いて感動してる時にそんな情報で奇襲されたら心臓がもたないので出来れば避けてうただきたいかなと…。

だが、ヒカルさんが椎名林檎と違うかもしれないのは、「全国ツアー」ではなく「アジアツアー」や「全世界ツアー」なのかもしれないってこと。林檎姐は全国11か所22公演だそうだけど、公演数は同じくくらいだとしても時差のある土地に行ったりする可能性がある。イギリスでライブやったら地元公演になるんか。寧ろ全国ツアーが来日公演。…ちゃんとビザおりるんだろうな…?

前回のツアーでは初日公演日に『Too Proud L1 Remix』がリリースされたもんだからセカンド・レッグでアジアツアーもあるのか!?とか色めき立ったけれど、来年(以降)は今年のコーチェラでのステージを経ているので実現性はかなり高まった。また同じように多国籍多人種な企画盤をリリースするなら88risingがあっさり手伝ってくれるだろうし。新曲ナシでツアーに突入するなら今度こそ『君に夢中』の英語バージョンなんかをリリースしてくれると嬉しい。普通はそういうリリースをツアーと同時に敢行すると「じゃあコンサートで歌うのも英語バージョン!?」となるのだけどヒカルさんの場合上述のようにアジア各国からゲストを招いて『Too Proud L1 Remix』をリリースしたにもかかわらずコンサートではJevonはおろかゲストを一人も呼ばずに全部自分で歌ってラップしたという前科があるだけに、そこは気にしても仕方がないかもしれない。

にしても、こうやって同期の人が「25周年ツアー」と銘打って動き出してくれると俄然真実味が増してきますねヒカルさんのライブコンサートツアー。今からでもしっかり資金を積み立てておきますか…と思ったらまたアナログを買い増しさせるような企画がタワレコ渋谷であるのね。色々勘弁してくださいよ全く(笑)。ま、そこらへんの話はまた来週のお楽しみということで。ワールドカップとかでも空気変わりそうだもんね読者の皆さんも。

「First Love 初恋」第1話を観たよ

なお昨日のオフィシャル情報は文字数が多すぎてまだちゃんと読めてないぞ。触れるのは概要を把握してからだな。

『First Love 初恋』の第1話を観た。一言で言えば「邦画だな」と。エンドロールに並ぶクレジットの長いこと長いこと。地上波連続ドラマでこんなにスタッフ沢山居たりするんだろうか? これは映画だと思って観た方がいいやつだわね。しかし、こんだけの人数の顔と名前を大体覚えてたって満島ひかりお前…。

シンプルにクオリティが高い。画角も綺麗だし下手な役者も出ていない。御芝居がしっかりしてるから邦画特有の暗い画面も違和感がない。劇伴音楽も多用されているが結構大胆にシンプルな為邪魔な感じはしないな。何より美男美女ばかりで癒される。ドラマを観慣れてない身からすれば「そんな境遇にそんな美男美女居ません」とか言いたくなるがそれは野暮ってもんですね。

ドラマは事前の告知通り、現在と過去をシームレスに繋いで構成されていく。劇伴を止めずにそのまま20年行ったり来たりするのは大胆だけど案外何とかなるもんだね。「現在と過去を行き来してるんだ」と気がつけば特に違和感もなく観れるだろう。編集技術が高いねぇ。新鮮味はないけれど。

みてくれは映画っぽいが、しかし、脚本が連続ドラマのそれなので、感情移入の距離感がとりづらいかなとも思うが、そこを主演二人の説得力で引っ張っていこうということかな。確かに、そのまま引き続き第2話を観たくなる構成だった。テレビドラマの世界のノウハウの蓄積と継承を感じたわ。

で、肝心の「宇多田さん要素」だが、第1話の時点では可も無く不可も無くといったところか。ラジオから赤坂泰彦のDJで『Automatic』が流れてくる1998年と、駅に『初恋』の宣伝が貼られている2018年と。主人公がヒカルさんと同い年という設定なのだが、すまん、八木莉可子15歳には見えなかったわ。まぁそれはアニメとかじゃないししゃーないわね。生身の人間の御芝居なんだし。あとヒカルさんの誕生日は12月9日ではなく1月19日だから、同じ生年月日ということでもないわね。よく知らない人はそこ勘違いしそうだなとは思ったよ。

総じて「無難な第1話」という感じで、これで家族構成や人間関係、現在と過去を頻繁に行き来する建付なんかに馴染めた人は多分このまま全9話をスーッと完走しそう。突然衝撃的な事件が起こって嫌が応にも引き込まれていく、というタイプではなく、所謂「説明回」から入っていくという事でどちらかというと大人向け、落ち着いてドラマや映画を観たいという人向けかな。倍速でせわしくストーリーをチェックするタイプの人にはかったるいかも。静かな音楽を背景に、美男美女を美しい画角で観賞するのがいい楽しみ方なような気がします。

ところでところてん、試しにNetflixの契約を「広告あり」にしてみたんだけど、一度も広告入らなかったよ?? まぁ今後煩わしくなったらまた広告ナシに戻すけれども、暫く様子を見てみたいと思います。とはいえ、980~1980円が780円で、っていう価格設定はそこまでお得感がないような。でもこれのお陰で潤沢な予算がとれて長大なスタッフロールの映画みたいな連続ドラマが制作出来てるんだもんね。うまくいってほしいなぁ。あとはどれだけ宇多田さん要素がフィーチャーされるか、ですね。

デイビッドは和三盆!

おおぅ、「First Love 初恋」は17時に配信が始まったのね。てことで全9話一挙配信なのか。17時ジャストから倍速で観てたとしてもまだ観終わった人居ないよね。

さて、一挙配信ならこれネタバレネタはどうしたものか。いつドラマの感想をここに書くのが正解なのか? 難しいなぁ。下手に全部観ちゃったら、ネタバレ書かなくても行間から読み取れる事が出来てきちゃうもんねぇ。でも折角なので観てみたいし、取り敢えず後でぼちぼち第1話を観てみてから判断しますかね。

ドラマの方は一旦置いておいて、一昨日からの話の続きを。CDシングル『First Love』収録トラックについてだったね。まずは『First Love - featuring David Sanborn』から。

このトラック、かなりゲスト泣かせ。というのも、まるっきりオリジナルと同じ音源を渡されて「ここに貴方の演奏を足して」という依頼だったようだから。既にアレンジが完成されてる所に音を足したら大体蛇足になるじゃん…! よくこんなオファー受けたなと。

しかしそこは百戦錬磨のデイビッド・サンボーン。彼のウィキペディアを見てくれればわかる通り、24年前のこの時点で既に歌モノでのゲスト演奏は経験豊富でして、見事なパフォーマンスで魅せてくれております。

鍵となるのは「弾かなくていい所は弾かない」こと。実際、多分どこに音を足してもよかったんだろうにこの人、1番まるまる放置して、2番に到る間奏部分まで全く音出さないからね。この潔さが成果を生んだ。

そこからも、出しゃばらない。控えめに脇を支えるのに徹する。サビに入ってストリングスが派手になってきてやっと「ここでなら多少は吹いても大丈夫かな?」という具合に気合いを入れてはくるものの、それでもまだ控えめ。歌モノバラードにおけるサックス演奏の機微をわかってらっしゃると申しますか。

とはいえ、吹くべき所ではしっかり吹いてくる。2番のサビが終わってキーチェンジして更に盛り上がる所ではキッチリと半音階上げてアピール。あそこの心地良さがハイライトだよね。そのあとアウトロに向かってしっかりとサックスソロをまとめて終局。実に巧い。

『First Love』という曲はピアノを筆頭にしてクラシック・ギターとストリングスがしっかりとアレンジを支えている為、そうそうサックスが入れる隙間がない。1番サビ以降はラウドなベースとドラムスもやってくるし、果たしてどこにどう音を入れればと思案したかと思う。特に、ギターの演奏がとても控えめな為(元々音の小さい楽器ですしね)、これを邪魔しないようにというのは考えたかと思うが、うまく入れ替わり立ち替わりになるように音を差し挟んでるわね。オブリガートと言うのも烏滸がましい程慎ましくね。テクニックをひけらかすことなく、歌がより活きる構成になっていて、如何にも手練れだなぁと感じさせる仕上がりになっております。

裏を返せば、ゲストの存在感で押して全くオリジナルと違う印象を与えるというよりは、オリジナルの持ち味に少し化粧を足した程度の、楽曲の持ち味をそのまま活かすアプローチな訳で、「そんなのわざわざ高いギャラ払って呼んだ甲斐がないじゃん」と評価されるリスクもあったかもね。ここらへんは好みの問題かな。私は好きなのです。日本人好みの「引きの美学」の中に甘い旋律を忍ばせる、まるで上品な和菓子のようなセンス。うむ、そう、「サンボーンさん、まるで和三盆みたいな味わいだったね」という駄洒落を言いたかっただけなのです今回は!すいませんでしたっ!(笑)

ドラマ配信開始は今夜17時か19時か

おおぅ、サッカーワールドカップ本戦で日本代表が優勝経験国に勝つのは史上初なんか。そらせやろまいか。日本2-1ドイツ。今朝のトップニュースだったし時事ネタ織り込んどいて日記らしくしとこ。なお朝起きたら同組のもう一試合がスペイン7-0コスタリカという唖然な点数で。一夜にしてスペインのガヴィくん18歳がスーパースターに…はなってなかったけど、優勝候補の一角ねぇ。

で、次の日本vsコスタリカ戦が27日日曜日の19時キックオフということで、完全に「不滅のあなたへ」第6話の真裏じゃないっすか! いやまぁでもアニメ観る人は録画や配信という手があるし、スポーツは生中継だからねぇ。内容はまだまだこれから尻上がりに面白くなっていく所なだけにここらへんで脱落者が増えると勿体なくはあるけど、ますます今までの回を観てないと何が何だかわからなくなっていくというのもあるし、なんだか第2期は難しいね! 「SPYxFAMILY」なんかが第2期から観始めても全然楽しめる(アーニャ可愛いって言ってれば済む)のと対照的だわねぇ。宇多田ヒカルの歌声に惹かれて観てみたけど何が何だかわかりませんでした、ってなるのが「不滅のあなたへ」なのかな…。

まぁいいか、終わった後に「名作だった!」と評判になればそこから配信が活発になるということもあるし、長い目で見ていこう。全編知った後に聴く『PINK BLOOD』の味わいもまた別格だろうて。

配信といえば今日からいよいよNetflixドラマ「First Love 初恋」の配信がスタートする。全世界同時配信の場合だとこれ今日の何時からになるんだ? と思いググってみたら

「作品がオリジナルである国: 太平洋時間の午前0時から視聴可能」

https://help.netflix.com/ja/node/118959

とのこと。太平洋時間を換算すると、

「日本時間の午後5時」

ってことになりますね。ただ、

「全エピソードをいっきに配信する場合は、日本時間の17時。毎週1話ずつ配信される場合は、日本時間の19時。」

という記述もあったので、「First Love 初恋」が1話ずつ配信の場合は

「日本時間の午後7時」

からのスタートになるのか。さてこれどっちか知らないので、今日の夕方になったらチェックしてみますかね。

1999年のCDシングル盤『First Love』の話。

管楽器や弦楽器をフィーチャーした『First Love』といえば、シングル盤の『First Love』に収録されている『First Love - featuring David Sanborn』と『First Love - Strings Mix』を押さえておかねばならないだろう…という話をする前に、そうだそうだ、1999年に発売されたそのCDシングル盤の位置付けみたいなものを語っておかなくちゃ。

もう来月、あと半月ほどで2枚組EP『First Love/初恋』が発売される訳だが、当然1999年当時も、上述の通り『First Love』のシングル盤CDが発売されていた。が、当時を知らない人の為にその頃のリスナー側の受け取り方を記しておこうかなと思う。

シングル盤『First Love』のウィキペディアを見ると「オリコン週間最高順位第2位」とある。泣く子もまた咽び泣く超有名国民的大名曲がなんで1位獲ってないねん、となるとこだけどこれはまず第1に8cmCDと12cmCDの2種類が発売されて売上が真っ二つに割れ、オリコンで別々に集計されてしまったから、というのがある。合算だと1位を獲っていたのだ。

あともうひとつは、もうみんなこの歌を知っていて持っていたから、というのが大きかった。その前の2枚のシングル盤(『Automatic / time will tell』&『Movin' on without you』)とこの後の2枚(『Addicted To You』&『Wait & See ~リスク』)が何れもミリオンを軽く突破しているのに、この最も有名で最も愛されている『First Love』のCDシングルが累計出荷枚数96万枚とミリオンに届いていないのは、もうみんなアルバムでこの曲を持っていたから。だってアルバム『First Love』の発売日は1999年3月10日だったのよ。シングル『First Love』が発売された4月28日の頃には総売上500万枚を突破して、ゴールデンウィークを明ける頃には日本新記録と騒がれるくらい、もうみんなアルバム『First Love』を買って楽曲『First Love』を聴いていたのだ。更にテレビでは同年4月8日からドラマ「魔女の条件」の主題歌として流されていた。なんていうか、この『First Love』のシングル盤って、「わざわざ買うまでもない」1枚になってしまっていたのだそのタイミングでは。シングルカットとはいえ、「アルバムが買われすぎて」売上が伸びなかったというのはなかなかに無いことだった。兎に角CDを買う習慣のある人は(無い人までも!)須くアルバム『First Love』を買っていたからね。

そんな状況でそれでも敢えてシングル盤の『First Love』を買う人は、アルバムに収録されていなかったカップリングの3曲がお目当てだったということになる。いや勿論、アルバムは高くて買えないけどシングル盤なら、という人も多かったろうけど。あと、タイトルもジャケットも紛らわしいのでアルバムと間違えて買った人も居たとか居なかったとか?? アルバムジャケットはカラー写真、シングル盤はモノクロだから! 今回のアナログ2枚組EPがまたアルバムのセッション時のカラー写真をジャケットにしちゃったもんだからまたしても混乱を助長してますけども!

…と、いう感じなのでこの『First Love - featuring David Sanborn』と『First Love - Strings Mix』の2トラックは、当時それでもシングル盤を購入した物好きな(?)リスナーたちに愛されたトラックなのでありました。次回こそその話をしましょうかね。ってもうドラマ始まっちゃうけどね!