無意識日記々

mirroring of http://blog.goo.ne.jp/unconsciousnessdiary

「あの空気や水のような存在感」by ゆみちん曰く


ここ最近の情報の洪水の中では最早小ネタ扱いになるのかもしれないが、椎名林檎の新譜「放生会」(“ほうじょうや”と読むそうな…覚えれる気がしない…)に「浪漫と算盤 TYO album ver.」が収録されるそうな。


2019年にリリースされたゆみちんのベスト盤「ニュートンの林檎」の一曲目に収録された「浪漫と算盤 LDN Ver.」のアザーバージョンとして後日配信リリースされた「浪漫と算盤 TYO ver.」の、これはアルバムバージョンになる、のか。ややこしいな。という訳で、別ミックスではあるものの既発曲のリリースなので、そこまでビッグニュースではない…と言えちゃうのは、私の感覚が麻痺してんだろうなきっと。



で。それに寄せたゆみちんのセルフライナーノーツがこちらになる。


「ベスト盤(『ニュートンの林檎』)の時は、どうして『浪漫と算盤』のような曲を(宇多田)ヒカルちゃんに書いたのかご理解いただきづらかったんじゃないかと気になっていました。彼女の透明さ、無欲さ、お若い頃から達観していらした、あの空気や水のような存在感がないと説得力が生まれないものを書いてみたくて。つまり、派手なフックがないものを残したかった。今回『放生会』の真ん中の曲としてなら意義を感じ取っていただけるのかも」

https://sp.universal-music.co.jp/ringo/houjoya/linernotes/


興味深い。ミュージシャンとして宇多田ヒカルに接していると、どうしたってあの圧倒的な歌唱力・作詞力・作曲力に目と耳と心を奪われるかと思うんだけど、こうやってしっかりと人としての宇多田ヒカルの魅力の核となる「あの空気や水のような存在感」に辿り着いてくれてるのは、シンプルにゆみちんが天才だからなのか、それともうちらみたいに音楽を離れてもただただヒカルちんが好きなのか。…嗚呼、両方か。


しかし、そうなのね。5年前にこの曲を聴いた時にはとてもそんな意図を読み取る事はできなかったわ。「考え過ぎやなぁ」というのが素直な感想でしたよ。歌詞もメロディも滅茶苦茶凝ってて面白いのに、何が言いたかったのかよくわからない曲だなと。なるほどね、「あの空気や水のような存在感」を必須ピースにするような形状の音楽を書きたかったのか。うむ、その点に関しては、後日アルバムの中の一曲として聴いてみて確認してみるわね。



しかし、これは中々に荒野に踏み出しているというか、宛て処ない旅に出たなというのがこれまた率直な感想で。聴く前の心境としては、難しいだろうねと言わざるを得ず。


ヒカルのあの「あの空気や水のような存在感」を音楽に結びつける時に最も効果があるのは「無音」なのだ。何の音を鳴らさないか、今鳴らしていないのか。そこで鳴っていない音(もしかしたら永遠に奏でられない音)を伝えられなければ多分表現としては成立しない。


その試みが最も核心に迫ったのが『Sanctuary』/『Passion』だ。音楽にするならああいう風にするのがひとつの理想だ。こいつらを“掴む”のが如何に難しいかは、ジャム&ルイスfeaturing ピーボ・ブライソンというどっからどうみても一流の布陣がまるで間違ったアプローチでカバーしたことからもわかる。また少々間違ってもそこそこ聴けてしまうから始末が悪い。そこで開き直ったオーケストラバージョンは素晴らしかったけれども。シングルバージョンにちょっと近いアプローチだったね。それはさておき。


こいつらは、歌いながら歌い手が無にならないといけない。まるで何もそこにないかのような歌を聴かせないといけない。なので、宇多田ヒカルのようなフック満載の歌声はそもそも合わないのだ。それでも当時のヒカルはよくアプローチしたと思うが、もしかしたら今の発声の方がよりよく表現できるかもしれないね。シングル・バージョンを歌うとなったら結局ヒカル以上の適任は最初から居ないのだけども。


…という知見に基づいた見地に立つと、ゆみちんによる「浪漫と算盤」は「悪戦苦闘の痕」という以上の感想は今の所はないのだけど(なのでアルバムの中の一曲として聴くのが楽しみね)、これに懲りずに今後更にヒカルの為の曲を作っていってくれたら、ある地点でゆみちんはヒカルちんを超えるというか、ヒカルちんでも表現できなかったレベルで「あの空気や水のような存在感」を音楽に託し尽くしてくれる可能性が出てくるので、非常に、非常に期待したくなったというのが、本日の私のメインの「伝えたいこと」だったのでした。意志の力は何より強い。ゆみちんに能力がない訳では断じて無い。椎名林檎ですら悪戦苦闘するほどこのテーマが難しいというだけだ。でもまさか、こんな近くにそう思ってくれてる人が居ただなんてね。全然気づかなくてすみませんでしたm(_ _)m


最近はA.G.Cookももしかししたらヒカルの「あの空気や水のような存在感」に気づきつつあるのかもしれない気がし始めていたのだが、もっと旧知の仲からこのアプローチがやってくるとは思ってもみなかった。人生本当にわからない。椎名林檎のオリジナル・アルバムに歌手・宇多田ヒカルが登場するのはこれが初めてになるのかな、だとしたら是非これを「1回目」と呼ばれるようにして欲しい。そしていつか、宇多田ヒカルのオリジナル・アルバムに楽曲を提供してくれたら。「お歌:宇多田ヒカル/作詞作曲:椎名林檎」というクレジットを、いつの日にか見られたら嬉しいぜ。


過去のツアー直前状況を振り返ってみた


さて今日10時から綾鷹コラボ第2フェーズ。新録トラベによる『SCIENCE FOCTION』アルバムとのコラボレーションの第1フェーズから、『SCIENCE FICTION TOUR 2024』ツアーとのコラボレーションに入る。差し当たって、総合計1500名様をコンサートに招待するキャンペーンがこのあと10時から始まる。


ベテランのファン/リスナーの皆様は「またお茶か」という顔をする。1999年8月24日に開催された「爽健美茶ナチュラル・ブリーズ・コンサート」にヒカルも参加していて、そのコンサート・チケットを手に入れる為に爽健美茶を飲みまくったからだ。あれから25年、今度は綾鷹を飲みまくる事になった。17本で1枠なので、かなり常飲しないと難しいわね。でもまぁ、炭酸飲料でなくてよかったかな。いざとなったらご飯炊いたり煮物に入れたりとお料理にも使えるしね緑茶は。箱で買ってもなんとかなるだろ。


何しろ既にツアー最終日から数えても100日を切っているのでこれから慌ただしい。初日からだと7週間もないというね。ただ、だからといって公式からの音源的な供給が途切れるかといったら大間違い、というのは先週SACRéのリリースで実証されたばかり。


実際、全国ツアーとなると直前に音源のリリースが為されることが多い。


2000年の『Bohemian Summer 2000』は7月1日のスタートだったが、直前の6月30日に『For You / タイム・リミット』の両A面シングルCDが発売された。当然と言うべきか?両曲のプロモーションの為にテレビ出演も複数回あった。


2006年の『UTADA UNITED 2006』もまた7月1日のスタートだったが、そもそも直前の6月19日にオリジナル・アルバム『ULTRA BLUE』がリリースされている。あんまりにもガッツリな新音源リリースであった。なおこの時は実質初めての“アルバム先行シングル曲配信限定リリース”として『This Is Love』がお披露目され、同曲でのテレビ出演も果たしている。


2018年の『Laughter In The Dark Tour 2018』ではツアー初日に『Too Proud (L1REMIX)』を電撃発表&即リリース。テレビ出演は特になかったが、この頃はシングル曲は配信のみが当たり前となっていたので、こういったサプライズも可能となっていた。


この今までの流れからすると、今年7月13日から始まる『SCIENCE FICTION TOUR 2024』でも、ツアー開始直前直後になんらかの新音源がリリースされる可能性を考えておかないといけないだろうね。毎回行きたくても行けない「ツアー難民」を大量に生み出すのが宇多田ヒカルなので、せめてものというと押し付けがましいかもしれないが、少しでもリアルタイムで楽しめるコンテンツを提供しようというレコード会社/レーベルの努力の顕われであろうかな。なので、今日からプロモーションがアルバムからツアーへと完全に軸足を移す事にはなるだろうからツアーに行けない/行かない人にとってはどうしたって疎外感は拭えないかもしれないけれど、変わらず公式からのお知らせには目を通しておいて欲しいところ。期待されていた綾鷹枠はこうやってしっかりあったので、生配信やシアタービューなど、まだまだどんな展開が待っているかわからない。ヒカルさんは、この夏もしこたま頑張るよ♪


光ReかSACRéを生で再現するなら?


当然、SACRéをライブで観たい聴きたいという願望は湧いてきている。が、冷静に現実的に考え始めてみるとこれは結構色々と難しそうだ。


何よりも魅力なのはそのバックコーラスの分厚さなわけだが、これをライブでどう再現するか。ヒカルのライブといえば極一部の例外を除き生身のバックコーラス隊を起用しないことで知られている。照實さんによれば、どうやら日本語と英語の両方できるシンガーを人数揃えて数ヶ月のツアーに帯同させるのが難しいとのこと(この発言のソースが思い出せない私である)。確かに、宇多田ヒカルのバックコーラスを担おうとすると日本語英語が出来るのみならず、その歌唱力も相当高くないといけないわけで、そうそうそんな人材が何人も見つかるとは思えない。前回のツアーのアンコール曲『俺の彼女』なんて歌おうもんならフランス語まで出来ないといけない。ミュージシャンというのは得てして耳が良く意味がわからない音節の羅列でも耳コピできてしまうものだけど、やはりそこは意味をよくわかった上で歌える方がよりよいだろう。


逆に言えば、英語か日本語かを限定してしまえば、少しは現実味が出てくるということだろうか? 前回のツアーでも弦楽隊の皆さんは特定の曲でのご登場だったし、コーラス隊や聖歌隊を特定の楽曲で起用するというのはそれはそれで理に適っている。例えば、『Goodbye Happiness』のバックコーラスなら日本語ができなくてもいいわけだし、SACRéやら『Sanctuary』やら『Face My Fears』やらの幾つかの曲と共にSYNERGY CHORUSの皆さんをゲストに迎えて特別コーナーを設けて(UTADA UNITED 2006のUTADAパートみたいにね)そこで分厚い生コーラスを聴かせてくれる、なんて趣向もアリではあるだろう。悪くない。


まぁそれなら有り得なくはないのだけど、でも、そもそもそういうのってオーディエンスからのニーズは高いのだろうか?という根本的な疑問は結構あってだな。多くの人たちが「宇多田ヒカルの歌を聴きに来て」いるのだ。ぶっちゃけ、バックコーラスがどうなってようが興味がない、という人は多いんじゃなかろうか。というかそれが最大多数派な気がしなくもない。


結局のところ、それが理由で過去のライブではバックコーラス人員を起用してこなかった気もするんだなー。それを求めるのはショウの完成度に拘る、他のコンサートも観て聴いて目が肥えた人たちであって、常に半分以上が「宇多田ヒカルを初めて観る」人たちで構成されていて、なんだったら「コンサートというもの自体が生まれて初めて」という層も一定数以上存在する公演で、「後ろにたくさんいる人達」が何をしてようがそこまで関心は寄せられないんじゃなかろうか。もちろん、演奏というのは明によりも暗によって全体の評価に結びつくものなので手抜きができるはずもないのだが(弦楽隊を重用しているのはそういうことでもあるのだろう)、こと「歌」に関することになると、「宇多田ヒカルの歌声をたくさん聴いていたい」という声がやっぱり大きいんじゃなかろうか。


でも、それで言うなら、今回光ReかSACRéをライブでやろう!という機運が高まることで、今後「宇多田ヒカルのコンサートは本人の歌唱力はもとより、バックコーラスも素晴らしい。」という定評が生まれていく流れになっていってしまえば、思うより先にコーラス隊/聖歌隊の存在が定着していく気がする。なんつったって初期から三宅さんに精神が壊れるほど「もう1回」攻撃(※ 同じバックコーラスをもうワンテイク録りたいから歌ってくれ、の意)を幼い頃から受けてきた宇多田ヒカルである、コーラス隊を活かせる楽曲は、この25年の中に山程存在しているのだ。今までのライブではヒカルの声の録音物を同期再生することで済ませてきたが、またどこかで潮目が変わることもあるかもしれない。



まーこの話に関しては毎度のことながら私個人の願望が8割5分くらい入ってるので、話半分どころか話一割五分程度のつもりで、聞き流しておいてくれるとありがたいですね。でもね、人の声が集まるってのは、それはそれは神々しいものなんですよ…。

MA YO NA KA NI ?


SACRéの最終局で唐突に挿入される『真夜中に』について。とっとと触れとこ。


それまでずっと英語で歌われていたのにここだけ日本語。英語歌詞でいうと『It's hard to let it go』にあたる。これを歌うのではまずかったのか? うん、多分支障は無い。なので、わざわざ日本語にした理由は、今のところわからない。


ただし、『光(Re-Recording)』のそれとは挿入されるタイミングが異なる点はまず指摘されておくべきだわね。『光(Re-Recording)』とSACRéはどちらも再生時間が4分36秒で曲構成も(と言うか、コード進行もと言う方がより適切か。アレンジは違うからね。)同じなのだが、『真夜中に』が唐突に挿入されるタイミングは、『光(Re-Recording)』では4:27、SACRéでは4:05と、後サビ1パート分だけズレた場所であって、また歌唱内容もそれぞれ別テイクとなっている。日本語歌唱からコピペしてきたんじゃなくてSACRéの一部分としてしっかりあらためて歌われてるってことね。


さっきから「唐突に挿入」と言ってみてはいるものの、実際には後サビのコード進行とバックコーラスが、歌詞のあるメインヴォーカル群を抜いてもう一度展開された挙句のタイミングで歌われているので「然るべき位置」にあることは間違いない。では何故『光(Re-Recording)』とSACRéでその位置を1パート分ずらしたのか。


恐らくだが、楽曲の始まり方がひとつ、影響しているように思われる。『光(Re-Recording)』は『どんな時だって』から始まる。最初っから音程が跳ね上がるこの歌い出しはインパクト抜群なのだが、SACRéの方は『When you walk away ...』と低音から少しずつせり上がるように歌われる。つまり、『光(Re-Recording)』はパンッと始まるからパンッと終わらせたくて『真夜中に』を最後の最後に持ってきている。一方、SACRéは少しじんわり始まるから終わり方も少しずつカームダウンしていくような、そんなまとめ方をしたかったのかもしれない。事実、そうやって作られたラストの27秒は、様々な点で互いに異なり合う『光(Re-Recording)』とSACRéの間でも、特に違いの際立つパートとなっているように思われる。場合によっては、この曲のクライマックスはこのヒカルによる「歌詞のない歌のパート」だと見做すことすら出来そうだ。ここの余韻を生むための『真夜中に』の移動なら、説得力がある。それに、前も書いた通り、現時点では『光(Re-Recording)』とSACRéのどちらを先に制作していたかわかんないしな。



まだまだ意図としては謎の多い『真夜中に』なのでもっとよく見極めてから語りたかったが、こういうのが「腑に落ちる」のは20年後とかになるのがザラなの、この25年でよくよくわかってきたので、わからないならわからないなりにその時点で触れておくのも大事だなと思い直してこうやって日記に記してみた。これについては、まだまだこれからも考えていきますかね。

SACRé声部各々の意味合いを探る


前回「『Simple And Clean (Re-Recording)』(以降、頭文字を取って"SACRé"と略します)の包容力や暖かさがLive2023に通じる」という話をした。では具体的にどこらへんでそれを強く感じるか。「全体的な印象としてそうなってる」というのが正解なのだろうけど、自分は特に2番出だしにある


『The daily things』

『That keep us all』


の部分の低音ヴォーカルのメロディラインを挙げたい。ここのヒカルの歌い方が、後ろから暖かく見守って包み込んでくれてる感がよく出てて何とも言えず感動的なのだ。


ここの部分は、『光(Re-Recording)』でいえば


『うるさい通りに入って運命の仮面をとれ』


にあたるので、少しばかり聴き比べてみるといい。この光の方もこちらはこちらでかなり素敵なんだけども!(どうなってんだ今回のSFセッションに於けるRe-Recordingの充実振りは!)


そうなのだ、後ろのハモりが、ただ三度下五度下をなぞるだけに留まらないのよね今回の再録バージョンの、特にSACRéのバックコーラス・パートに関しては。そこだけ取り出してもそれぞれが独自にメロディをなぞっていて、ひとつの声部を追うだけでも本当に涙が出てきかねない程に感動する。そりゃあそれらを全部併せたら…(T△T) ←こうなるわよねぇ。



今回のSACRéリリースにあたってのヒカルのコメントはこうだった。


『長年支持されてきた曲の再録という大きなチャレンジに、友人でコラボレーターであるA. G. Cookの力を貸してもらいました。「光」/”Simple and Clean”の新しいバージョンは、私が22年前に書いた曲ではあるけど、違う場所、違う視点から発せられています。黙想的で思慮深く、もっと優しい。人生に勝ち負けはなく、あるのは経験から得るもの。世界中の多くの人がキングダム ハーツを通して受け取ったものに思いを馳せつつ、ここからまた始まることを楽しみにしてます。』

https://www.utadahikaru.jp/news/msnhsxijl/


この、違う視点を以て「黙想的で思慮深く、もっと優しい」人が歌うのが、SACRéで左右に割り振られている低音部のメロディなんだと思う箇所が、結構多いのよね。だからかなり意図的にそう歌ってる気がしている私。それと対比して、オリジナルの『Simple And Clean』よりさらに増強されている最高音部のハーモニーは、若い頃になりたかった今頃の自分、理想の未来の自分を表現しているかのようでねぇ。


つまり、SACRéのコーラスハーモニーは、今のヒカルが昔の自分を眺めて見守り慈しんでるのと共に、昔の自分がなりたかった大人に今自分はなれてるのかな、そうだったらいいなという理想と願いをも共に描いた、そういう様々な(実際の、或いはあったかもしれない)時間、世界線の数々を悉く包括したものになっているのではなかろうか。なので、それが描くのは、まさにヒカルが言うところの、総ての時間で満ちている空間─「聖域」になるのかもしれない。だとしたら、『Simple And Clean 』の続編がその名もズバリ『Sancuary』なのも、素直に頷けるような気がする。…20年越しくらいでやっと素直になれるのも気が長い話だけど、ヒカルに言わせれば「宇宙の時間に比べたら大したことない」んかなやっぱな!



追伸:なぜ『Simple And Clean (Re-Recording)』の略称がそのままの“SACRe”なのではなく“SACRé”なのかというと、フランス語で"sacré"が「神聖な」という意味の形容詞だと知ったから、なのでした。こんなにこの曲にピッタリの意味になるとは驚いたですよ、えぇ! そんなわけでeをéに変えたのでしたとさ。まる。