無意識日記々

mirroring of http://blog.goo.ne.jp/unconsciousnessdiary

英語リフレイン曲の作風遷移

TM NETWORKといえば、80年代「サビで大胆に英語のリフレインをぶちこんでくる」スタイルの先駆けのひとつだった。彼らの出現でシーンにはそのスタイルを模倣する音楽が溢れ……るほど当時の彼らに影響力はなかったけれど(寧ろGet Wildがネタ化している今の方が有名なんじゃないか)、後に90年代に小室哲哉自らがそのスタイルを推し進めた訳なので先駆けと言っても構わんだろうな。多分早すぎたんだろう。80年代も前半の頃はJ-popという言葉もなく、漸く浜田省吾が売れてきたあたりで歌謡曲やニューミュージックに代わる「日本のポップ・ミュージック」が出てくるかどうかという段階だった。つまり、「日本人の癖になぜ英語の歌詞を混ぜるんだ?」とか言われる時代だったのだ。ちょっとTM早かったね。

で。前も述べたようにヒカルも初期からその「英語リフレイン」を多用するスタイルだった。確かにヒカルも三大影響邦楽曲に件の“Get Wild”を挙げてはいるがTM NETWORK自体のファンだった形跡は見当たらない。しかしJ-popの歴史の頂点を極めた小室サウンドはどうしたって視界には入っていたかもしれない。

でその英語リフレインスタイルが『Fantome』で一旦激減し、また『初恋』でやや復活した。『Play A Love Song』はまさにそのままだし、タイトル曲である『初恋』もタイトルコールでないというだけでサビは『I need you』8回繰り返しだ。更に『Too Proud』に『Good Night』もある。

とはいえ注釈として述べておきたいのは、本当の意味で従来のスタイルなのは『Play A Love Song』だけ、とも言える点だ。『Too Proud』は前から述べている通りサウンドのスタイルは完全にUtadaのそれで、日本語詞の歌に英語のリフレインを混ぜたというよりは、元々英語曲だったものに日本語の歌詞をつけたという作風だ。『Good Night』も、そこまであからさまではないが同様である。そして、『初恋』のそれはサビのリフレインとはいえバックコーラスだから少し風合いが異なる。やっぱり、もう少し作風の遷移を見ないと全体の傾向は見えてこないかもしれない。

大胆に仮説を付け加えておくと、これはつまり、90年代に形作られた「J-popの雛形」から宇多田ヒカルはほぼ完全に離れたということなのかもしれない。つまり今のヒカルは、日本語を一から組み直して新たな日本語曲の地平を切り開く一方で、幼い頃から慣れ親しんできた(我々が言うところの)洋楽の手法で英語の歌詞を扱うようになっているのでは?ということだ。TM NETWORKのように日本語と英語の分業で日本のポップスの曲を形成するのではなく、日本語曲は日本語曲で、英語曲は英語曲で構成するようになっているかもしれない。『Too Proud』のような曲はその遷移過程にある曲なのかも。

となると、気になるのは、丁度1年くらい前に発売された『Face My Fears』か。日本語曲と英語曲同時リリースだからね。その点についてはまた稿を改めて。

小学生の頃からファンです

宇都宮隆という男が居てだな。ご存知TM NETWORKのフロントマンなんだが。

彼はシンガーとしての能力は決して高くない。声域は狭くないし声量もそこそこ。音程の正確さもライブは勿論のことスタジオ盤でも危うい。英語の発音もいいとはいえないし、日本語の発音だって滑舌がいいタイプでもない。あと、ルックスも実はいうほど二枚目ってほどでもない。

だが、この男が小室哲哉の書いた曲をステージで歌うとメチャメチャカッコイイのである。日本語のメロディも英語のリフレインもサマになるったらありゃしない。本当に他の追随を許さない。90年代、小室哲哉はプロデューサーとしてブレイクしたが彼の手掛けたシンガーは篠原涼子trfTRF、globe、華原朋美安室奈美恵鈴木あみと悉く女性ヴォーカリストだった。H jungleくらいじゃなかろうか男性でヒットしたのって。

これって多分、小室哲哉にとって、男性ヴォーカリストとして宇都宮隆に優る人材が何処にも居なかったからではなかったか。言うほど彼らのパーソナリティは知らないのだが、自分のメロディをいちばん活かしてくれるのはウツだという確信があったように思う。

宇都宮隆の歌は勇猛果敢で雄々しく、男性ファンにカッコイイと憧れられるスタイルだ。と同時に少し甘い囁きと優しい歌声で80年代中期は女性ファンを虜にした事でも知られる。男女両方からカッコイイと痺れられ憧れられる存在だった。それもまた稀有だった。

何故彼はあんなにもカッコよかったのだろう? 歌唱能力は突出していないにもかかわらず。思うに、彼は、自分自身がカッコイイと信じて疑わなかったからではないだろうか。宇都宮隆であることの自信。自分かカッコイイと思っているからカッコよくなれる。そんな訳ない筈だしそもそも自己言及的というか自家撞着的というか、卵が先か鶏が先かという話なのだけれども、彼の歌とパフォーマンスには宇都宮隆であることに迷いがない。更にいえば、彼は小室哲哉に全幅の信頼を置いていたのではないか。最高に自分を活かしてくれる作曲家の書いた歌を俺が歌うのだからカッコよくならない筈がないと、わざとらしくではなく、心の底から信じ切っていたのではないだろうか。昔見たパフォーマンスを思い出しながら、そんな事を考えていた。

ヒカルが昔アレサ・フランクリンを見た時ステージでは"confidence/自信"が大事だと痛感していた、という話はこの日記でも度々してきている。ヒカルの歌唱力は上昇の一途であり、今や日本語で歌う現役歌手で比較できる相手など何処にも見当たらない程に別次元の存在になっている。能力の高さは折り紙付きだ。

そんなヒカルがここから更にライブ・パフォーマーとして成長するにはどういった要素が必要だろうかと考えた時に、今言った宇都宮隆の姿が思い浮かんできた。性別は異なるが、歌唱力とは全く別の領域で歌を活かせる方法論というのがあるんだという気づきはこんな高い所まで来ているからこそ必要なのではないか。

ヒカルはステージで全力である。『Laughter In The Dark Tour 2018』のアイランドステージでのパフォーマンスは圧巻の一言だった。あそこから更に何かを上積みするとしたら、もっと大きい余裕というか、包容力だったりするのではないだろうか。宇都宮隆はステージで非常に集中していて迷いがない。故にこの兄貴についていけば間違いない、という確信をオーディエンスに持たせれる稀有な魅力を持っている。ヒカルでいえばそれは、ライブパフォーマーとしても“パイセン”になることなんだと思うのだ。自信に満ち溢れ、辺りを見渡し、人々の期待を背負えるスケール感と包容力。ヒカルパイセンの快進撃が始まるのを期待するのもアリなんじゃないかな。

一方で、やっぱりあの辿々しいMCは捨て難いなぁと矛盾した思いも抱えてみたり。ほんと、贅沢だわーうちらの時代。

国内と海外での生誕祭の熱気の違い

昨日は生誕祭が日曜日ということでいつも以上にTwitterのタイムラインが賑々しかった。皆好きねぇ。

そんな中アンオフィシャルなツイートでいちばんバズったのはUBLOGさんのバースデイツイート。言わずと知れた海外サイト最大手さんだ。この度ちょうど1000フォロワーを超えたそうで、おめでとうございます☆

で、フォロワーの数が1000を超えたこのタイミングでのツイートについたいいねの数が2200を超えている。フォロワー数の2倍以上だ。もしかしたら大手海外メディアにでもリツイートされたのかもしれないがリツイート数も800を超えていてとても確認できない。兎も角、凄い密度の反応だ。

比較対照対象として宇多田共和国のバースデイツイートのいいねを見てみると、こちらは300に迫る勢いで普段のインプレッションと比較すると大変有難いスケールではあるのだがUBLOGさんと比較すると10分の1スケールだ。でもこちらはフォロワー数は1777で、UBLOGさんを大きく上回っている。なお参考までに、オフィシャルである@ria_staffのフォロワー数は1600弱だ。

つまり、フォロワー数の少ない海外サイトの方が日本の老舗よりリアクションが大きかったわけですね。

この傾向は前からで、たとえば先月末には“今日は何の日宇多田ヒカル”で共和国から井上陽水コンサートへのゲスト出演ツイートがあったのだか、UBLOGさんがそのツイートにコメント付きリツイートをしたら、大元のツイートより多いいいねがついたのだ。ほぼ同じくらいだけども。

何が言いたいかというと、普段から海外のファンの人達の方が日々のツイートに対するリアクションが大きいのですよ。絶対数は日本の方が多い。それはフォロワー数が1.7倍な事からも明らか。なぜこんな差が生じるのか。

ここからは推測に過ぎない。まず単純に考えて、海外のファンの方が渇望感が強いということ。ただでさえ普段から英語での発信が少ない中で英語のツイートとかあれば非公式であっても飛びつく傾向が強い、と。

もう一点は、ファンの熱心さがそもそも違うという点。日本では宇多田ヒカルはメチャメチャ有名人だが英語圏ではそんなことはない。その中でファンになるのだから最初から相当熱心になるのではと。

そう考えると、確かに、2009年のセフォラでのファンイベントや2010年の『Utada in the Flesh』コンサートツアーなどの熱気の密度、濃度は凄かったなと。『In The Flesh 2010』の映像商品の独特の雰囲気は、そのファンの熱意の密度と濃度が日本のそれを大きく上回っていた所が大きかったのではないかなと、思ってみたりもしたのでした。

まぁ、でも、日本ではヒカルのファンをしているペースがまったりだから有難い、という側面もあるので、それをもって善し悪しだとか対抗意識だとかを言うつもりは全くないですよ。それぞれのスタンスの違いをよく知っておこうかな、という話でしたとさ。

それがどうしたって言われれば何も無い

おっとっと、今年は誕生日が日曜日なんだな。次に日記を書く時にはヒカルはもう37歳かもしれない。それがどうしたって言われれば何も無いんだけど。

10年前は「26歳のヒカルのライブを観たんだぞ俺は」とか自慢していた気がする。勿論、それがどうしたって言われれば何も無いですよ。

私からすればこの日は天皇誕生日より格が上なので毎年祝日にして欲しいんだが無理か。うーん。

昔は「そのうち宇多田ヒカルはお札の肖像画に採用されるよ」と高を括っていたのだが昨今の世情はそれを許しそうにない。電子マネーを主流化しようという流れだからだ。自分もいつの間にかポイント付与の恩恵を受けていたりして国からの圧力を感じています。利率を負にしたいのかもしれんねぇ。

祝日もお札も無理となったらこの日をどうやって未来永劫祝おうか悩ましい。クリスマスみたいになれればいいんだけど、ヒカルは宗教と関連付けられるのは嫌だろうからなぁ。

そもそも、本人からすればこの日は「くまちゃんと初めて会った日」である事が何より大きいのではないか。もう14年にならんとしている。たぶんKuma Changはサザエさん時空の住民であり歳はとっていないと思われる為この日を“誕生日”と呼ぶのはもしかしたら違うのかもしれないが目出度い&愛でたい日であるのは間違いなかろう。『くまのこ教』や『くまちゃんの肌触りは世界一党』にみられる通りくまちゃんが絡めば宗教も政党もOKになるところが凄い。祝日やお札・記念硬貨などにはヒカル本人よりくまちゃんの方が相応しいのかもしれない。

それに、ヒカルもそろそろ息子に祝って貰える位になってきたんではないだろうか。かたたたき券とかプレゼントされるかもしれないぞ。親としてはそういうの嬉しいんじゃありませんの。

ヒカルがくまちゃんや息子に囲まれて幸せな誕生日を迎えてくれるのならば何の記念も要らないや。それが素直な結論です。

『戦争の始まりを知らせる放送も

 アクティヴィストの足音も届かない

 この部屋にいたい もう少し』

このフレーズがなんか沁みるわ。こういう日もまたそういう日なのかもしれないね。

Knockin' on Hikaru's Door

『初めて嗅ぐ人がいて完成するみたいなそういうタイプ』という一言には大変導かれている。新しい扉を開いて貰ったみたいなそんな感じ。

そういえばヒカルの歌詞には『扉』『ドア』が幾つも出てくる。パッと思いついただけでも

『何度も同じ扉の前に辿り着いてはノックしかけたんだけど』/幸せになろう

『閉ざされてた扉開ける呪文 今度こそあなたに聞こえるといいな』/This Is Love

『開かれたドアから差し込む光』/誓い

『あなたへ続くドアが音もなく消えた』

『そのまま扉の音は鳴らない』/誰かの願いが叶うころ

という風な。多分まだあるだろうな。

基本的には「今あなたに進める道、新しい可能性が開かれた。そこを歩むかどうかは君次第になる。」という状況の表現として扉が登場している。それは恐らく他の作詞家/作詩家と同じような使い方だろう。そんな中でヒカルの特徴としては、この扉のモチーフが、光だけではなく音とも深く関連している点だ。

『光』の『静かに出口に立って暗闇に光を撃て』にみられるように、扉を開けたら光のやりとりがあるというのは直感的にわかりやすい。自分の目の前に新しい可能性が拓けていく様を「光が差し込んできた」と表現できる。ヒカルの歌詞の場合そこに“音”の要素が強く滲み出る。

『ノックしかけた』

『扉開ける呪文~聞こえるといいな』

『音もなく消えた』

『扉の音は鳴らない』

ここに音楽家としてのセンスを見出すのは出しゃばりが過ぎるだろうか。新しい可能性が光であるなら、その光を齎す予兆や因果が音である、と。扉を開けるのが呪文という声による音だったり、消える時には音がなかったり、扉が開く直前のノックやドアノブや鎹の軋みの音がこれからへの予感を形作ったり……ヒカルの『扉』は光と共にそれに纏わる音も大きな役割を果たしているんだなと思った朝でしたとさ。