無意識日記々

mirroring of http://blog.goo.ne.jp/unconsciousnessdiary

英語リフレイン曲の作風遷移

TM NETWORKといえば、80年代「サビで大胆に英語のリフレインをぶちこんでくる」スタイルの先駆けのひとつだった。彼らの出現でシーンにはそのスタイルを模倣する音楽が溢れ……るほど当時の彼らに影響力はなかったけれど(寧ろGet Wildがネタ化している今の方…

小学生の頃からファンです

宇都宮隆という男が居てだな。ご存知TM NETWORKのフロントマンなんだが。 彼はシンガーとしての能力は決して高くない。声域は狭くないし声量もそこそこ。音程の正確さもライブは勿論のことスタジオ盤でも危うい。英語の発音もいいとはいえないし、日本語の発…

国内と海外での生誕祭の熱気の違い

昨日は生誕祭が日曜日ということでいつも以上にTwitterのタイムラインが賑々しかった。皆好きねぇ。 そんな中アンオフィシャルなツイートでいちばんバズったのはUBLOGさんのバースデイツイート。言わずと知れた海外サイト最大手さんだ。この度ちょうど1000フ…

それがどうしたって言われれば何も無い

おっとっと、今年は誕生日が日曜日なんだな。次に日記を書く時にはヒカルはもう37歳かもしれない。それがどうしたって言われれば何も無いんだけど。 10年前は「26歳のヒカルのライブを観たんだぞ俺は」とか自慢していた気がする。勿論、それがどうしたって言…

Knockin' on Hikaru's Door

『初めて嗅ぐ人がいて完成するみたいなそういうタイプ』という一言には大変導かれている。新しい扉を開いて貰ったみたいなそんな感じ。 そういえばヒカルの歌詞には『扉』『ドア』が幾つも出てくる。パッと思いついただけでも 『何度も同じ扉の前に辿り着い…

日本語で進行してサビのキメは英語のリフレイン

英語詞曲と日本語詞曲という分け方をしている/出来るのは宇多田ヒカル名義とUtaDA名義が明確に別れていたからであって、そもそも宇多田ヒカル名義の曲では歌詞が日本語と英語のミックスなんたよね。 大体、日本語曲といっても初期は曲名が英語な歌が大半で…

日本語で進行してサビのキメは英語のリフレイン

英語詞曲と日本語詞曲という分け方をしている/出来るのは宇多田ヒカル名義とUtaDA名義が明確に別れていたからであって、そもそも宇多田ヒカル名義の曲では歌詞が日本語と英語のミックスなんたよね。 大体、日本語曲といっても初期は曲名が英語な歌が大半で…

日本で英語曲を歌う可能性

ライブコンサートとしてのクォリティは『WILD LIFE』や『Laughter In The Dark Tour 2018』の方が上だろうが、『In The Flesh 2010』にはそれらには希薄な自由や解放感が漲っていた。ヒカルが何をしてもよかったから。 選曲に制限は無かったし、MCも日本語英…

In The Flesh 10周年

10年前の今日、『Utada In The Flesh 2010』米英ツアーがハワイホノルルのパイプラインカフェから始まった。当時そこに居合わせた者としては実に感慨深い。あれから10年か。 毎度言っていることをまた繰り返すけれど、普段の『宇多田ヒカル』としての活動は…

ヒカルさん15歳頃の歌詞構成術

前回最後駆け足過ぎたかな。もちょっとだけ具体的に書いておくか。 『In My Room』に関しては前に述べた通り。 1番サビ2節目:夢も現実も目を閉じれば同じ 1番サビ4節目:ウソもホントウも口を閉じれば同じ 2番サビ2節目:夢も現実も目を閉じれば同じ 2番サ…

組細工から香水へという流れ

ヒカルの歌詞の分類を考え眺めていると、つくづく「歌詞」というジャンルは独特の価値観と方法論が必要だなと痛感する。 音楽が基調にあるとはいえ基本は言語、言葉だ。言葉である以上受け手の記憶に訴えかけるしかないのだが、そこでどれくらいの具体性が出…

コウモリのコスプレ

この間【今日は何の日宇多田ヒカル】で『さきほど、生まれて初めて、みそ汁を作りました!』という内容のメッセを紹介した。2009年なので11年前のだ。 人は味噌汁を初めて作ってから11年もすればこどもを連れ立ってコウモリのコスプレでママ友と交流するとこ…

香水と組細工

でもまぁやっぱり白眉はこれだよね。 ***** ***** もしかしたら あの 作詞家としてはいろんなタイプがもちろんいますけど 私自身と近い方向のグループ分けできるような タイプなんじゃないかなと これを作りたいとか こういうものを作りたいとか こういうも…

井上陽水による宇多田ヒカル評

昨年末12月27日のNHK井上陽水特番でのヒカルのコメント出演も振り返っておこう。 まずは、(恐らく初めて)井上陽水に会った時の第一印象について語ってくれています。 ***** ***** ライブの楽屋で 私の父と陽水さんが一緒の空間にいたっていう時に なんか …

何の変哲もない御礼ツイート

@utadahikaru : 「マツコ知らない世界」お正月特番たくさんの人に観てもらえたようで嬉しいです。スタッフの皆さん、ありがとうございました!マツコさん優しくて面白くて本当に楽しかったです。収録後、マツコさんの大ファンの私の事務所スタッフにサインと…

嗚呼、懐かしや─『がんばれ、地球!』

アメリカとイランの緊張状態についての報道が沢山。すわ戦争かという話になっている。あたしは国際情勢については疎いので特に何をコメントする気もない。 ヒカルが他に類を見ない怒りのメッセを投稿したのは2003年のイラク戦争の時だった。日本の同盟国が吹…

作詞家タイプ分け

一方で年末にはNHKの井上陽水特番にコメント出演。短い時間ながら興味深い発言を連発していた。 特に「作詞家の分類」というのはそもそもテーマ自体を私が考えた事がなかったので目から鱗。そんな風に捉えるんだなと感心した。 テーマ自体を考えた事がなかっ…

アサ芸プラスの記事を斬る!

「マツコの知らない世界」への出演はファン以外にも随分と話題になったようで、各方面Web記事でも硬軟取り混ぜて様々な切り口で取り上げられている。 これだけ沢山記事が出ると当然内容も玉石混淆、興味深いものからそうでないものまで色々と出てくるものだ…

スタイリストさんの出番が増える年に??

バラエティー番組出演で告知無し。「その為だけにロンドンから来たんか……」という呆れ返りも何のそのな宇多田さんだが昨年中頃から折を見て仕事をしている風なのはツイート等からも明らか。しかし新年一発目からこうやって外してきたことで、今後どんな活動…

ぎこちなさにニヤニヤがとまらない

ヒカルがテレビ番組に出る度にああいう空気になる。淀んでるのでもとごってるでもない空気が滑らかに流れない。出演者もスタッフも、しかし、その空気が嫌な訳じゃない。あれいつ見てもニヤニヤしちゃうね。 なんでああなるかというと、ヒカルに似た人が居な…

先週は「マツコの知らない世界」でしたね

なんの告知も無しでした。予想が外れました。面目無い。 マツコが冒頭から「こんな番組出ちゃダメ! 観てくれてるのは嬉しいけど。」と言ってたな。番組としての格とか芸能人としての格とか芸風とかいろんな見方があるだろうけど、要は場違いだって事だよね。…

シンエヴァ封切日発表

こんな年の瀬にシンエヴァの新情報が来るとはね。昨日エヴァの話をしたところだったので心構えは出来ていたが、それでも意表を突かれたわ。そろそろ来るだろうと思って話をしたのではなく『桜流し』DVDシングルの発売記念日だったからってだけなんだもの。 …

今夜井上陽水特番にコメント出演

1月3日の「マツコの知らない世界」出演に関して、 @utadahikaru : 放送が楽しみ恥ずかし恐ろしでドキドキです なんだそうな。恥ずかしいのにわざわざ自分の出た番組のツイートをするのは、やっぱり告知絡みなのと勘繰りたくなる。楽しみなのは本編より寧ろそ…

“存在の融合を厭わない”

あらー『桜流し』のDVDシングルから7年も経つのね。 二つポイントがある。 ・フィジカルで出たこと。 ・エヴァ。 当初はこれが最後のフィジカルシングルになるかなーとか言ってたんだけど今年『Face My Fears』のCDシングルが出た。あれま。 これは、ゲー…

なんなん姫がお酒こぼして拭く師走

へー昨夜のメリクリツイート、14万いいねか。これだけバズったのは2月の『歌姫ってなんなん』以来だな。クリスマスツイートなんて当日限りのものだろうから瞬発力では今年一番だったってことね。─つくづく、変なの!(笑) 21年前を振り返れば、当時はそもそ…

「テキスト」で連絡手段を濁す手腕に乾杯

@utadahikaru : 友だちからの「イブはどうお過ごし?」というテキストに「飲みながら作業してたらコップ倒してマックとHDにお酒ぶちまけて今大慌てで拭いてた」と返信したら「そっかいつも通りだね」と返される私から皆さんにメリークリスマーース ***** ***…

銘々暮れ済まず

『WILD LIFE』での棒読みの『もうすぐクリスマスですね』が懐かしい。本人に拘りがなくとも、冬の季節に『Can't Wait 'til Christmas』を生歌で聴かせて貰えたのは、自分のようなとぼけた人間でも感動した。 棒読み加減がヒカルのこの季節に対するスタンスを…

最初のシングルからアルバム発売までの間隔の話

あぁそうそう、来年の展望の話もし始めるんだったか。 結局今年のヒカルは、コンスタントなアウトプットはあったものの、そう活発に動いていた訳ではない。となると来年期待されるのはニューアルバムということになるが、そんなに早く出せるのだろうか。 1st…

火曜日の朝なので

あぁ、これ9年も前のツイートなのか。 @utadahikaru : 見たことないような立派なカニを前にして、「わ〜!!すごいイカ!!!」と叫んでしまいました クリスマスイヴぼんじゅーる(*´(エ)`)ノ posted at 2010/12/24/12:58:51 どうして貴女はこうまで優しいの…

来年への展望でも語り始めますかねぇ

今年のM-1グランプリの覇者はミルクボーイ。アンタッチャブルの記録を抜き歴代最高得点での優勝だった。彼らの特徴は古典落語風の台本を現代漫才のフォーマットに落とし込んだ点にあり、故に彼らよりかなり上の世代からも評価が高い。可笑しみの出汁の部分が…